ペット供養

ペット供養とは

ペットは家族の一員という認識が広まってきた今、ペットも人のようにきちんと供養したいという人が増えてきています。今ではペット専用の火葬場、ペット専用の霊園、またペットと一緒に入ることのできるお墓などもあり、その需要は一段と高まってきています。
基本的にはペット供養は人の供養と同じです。
愛しいペットを想う気持ちを形にすること。その形は自由です。想ってあげること、思い出してあげること……それが天国にいるペットたちにとって最高の供養になるのです。
とはいえ、「ペット供養って具体的にどうやるの?」という質問が多いことも事実です。ここではペット供養の4つの方法を紹介します。

自宅で供養する

手元供養の浸透によって、様々な種類のミニ骨壷やステージなどが揃っています。ペット用に作られたものも数多く、その選択肢は多種多様になりました。また、ペット専用のお仏壇には骨壷がすっぽりと入るものも多く、愛するペットを身近に感じながら供養することができます。

庭に埋葬する

火葬後は自宅のお庭に埋葬するという人も多いはず。ペットたちが慣れ親しんだ場所に埋葬してあげるのは、きっと天国のペットたちも喜んでくれるでしょう。埋葬した場所にちょっとした墓標を設置するというのもいいかもしれません。

散骨する

生命の起源である大自然に還してあげたいと、近年人気の散骨。海、山、樹木の下など、ペットたちが好きだった場所に散骨してあげるのもいいかもしれません。ただし、散骨をするに当たって一つだけ注意しておきたいことがあります。それはお骨の全てを散骨しないこと。全てを散骨してしまった事による喪失感はとても大きいといいます。一部だけをミニ骨壷や骨壷カプセル、お骨の入るジュエリーなどに入れておく手元供養を同時に考えておくといいでしょう。

お骨を預ける

最近はペット霊園などもあり、お骨を預かってくれます。供養・管理などをやってくれるので忙しい日々を送っている人にとってはとてもありがたいサービスです。納骨堂などの限られたスペースにクリスタル位牌や洒落たフォトスタンド、仏具などを揃えておけば安心して託すことが出来るでしょう。

ペット供養カタログ

線香・ろうそく

アクセサリー

topへ戻る