【沖縄ペット供養】ペットロスに一歩ずつ。立ち直った3つのステップ

2021.11.28
【沖縄ペット供養】ペットロスに一歩ずつ。立ち直った3つのステップ

今、沖縄ではペット供養施設が多くありますよね。それだけペットロスを感じているご家族が多いのではないでしょうか。そこで今、ただ粛々とお供養を執り行うことで、少しずつ少しずつ薄紙を重ねるように回復する道を選ぶご家族が多い傾向です。今回は、そんな愛するペットの供養を通して、ペットロスから立ち直る方法を、複数の体験談からお伝えします。

今、沖縄ではペット供養施設が多くありますよね。それだけペットは家族の一員として、亡き後も末永くお供養を積み重ねることで、ペットロスから乗り越えようとする方々が多い傾向です。

全国的にもペットロスは社会的にも広がり、なかにはペットロス休暇制度を取り入れた企業もあるほどですが、渦中にいると「休んでも立ち直れるか分からない…。」と、呆然とする方も多いのではないでしょうか。

確かにペットロスは時間が掛かります。ただ粛々と沖縄でペット供養を進めることで、少しずつ少しずつ、毎日薄紙を重ねて行くように回復する方も多いです。

今回は、沖縄でペット供養を通して、ゆっくりでも一歩ずつ、ペットロスから立ち直る方法を、複数の体験談からお伝えします。

もしかしたら読むだけでも少しの癒しになったり、一縷の光が差すかもしれません。どうぞ参考にしてください。

沖縄のペット供養施設を選ぶ

沖縄のペット供養施設を選ぶ
今、愛するペットが旅立つと、沖縄では病院がペット供養の施設を紹介してくれるケースが多くあります。

もちろんペットロスから立ち直るために焦る必要はなく、ゆっくりと一歩一歩、無理をせずにできる範囲で向き合い、進めていくことが大切ですし、間違えはありません。

ただ長いペットロスの迷路から、よりスムーズに一歩を踏み出した人々の体験談から見ると、「流されるのではなく、自分自身で選び・動く」人々が多い傾向です。

【 沖縄でペット供養を通して立ち直る。自分で選ぶ 】

● ペットロスで立ち止まるなか、周囲に流されるままに沖縄のペット供養施設を利用して火葬、埋葬を済ませてしまうと、後々の後悔になったり、なかなか自分で動き出せず、ペットロスから抜け出しにくくなる体験談が多くありました。

→ 一方で自分自身で調べ、納得できる沖縄のペット供養施設を選んだ場合、「やるべきことはやった。」と納得できた、…との声が多くあります。

「沖縄のペット供養施設はどこも同じ」との声も多いですが、例えば近所にある沖縄のペット供養施設であれば、納骨堂に納めて毎日通うお供養を選ぶことも可能です。

また毎月一回、合同で読経供養が行われるなど、沖縄のペット供養施設によって供養方法やサービスがあり、そのサービスに乗っかって粛々とお供養を続けることで、自然とペットロスから立ち直るケースもあります。

【 沖縄でペット供養施設を選ぶポイント 】

(1) 納骨堂(棚)など、火葬後の施設はあるか

… もしも火葬後に遺骨を連れて帰ることで、ペットロスが深くなる不安があるのでしたら、納骨堂など遺骨を安置してくれる施設があるかどうかをチェックしてみてください。

(2) 施設の場所

… 火葬のみであれば場所まで選ぶ必要はありませんが、納骨堂など、火葬後の安置をお願いしたいのであれば、会いたい時に頻繁に会いに行けるよう、配慮してください。

通いやすい場所かどうか。
いつでも立ち寄れるシステムかどうか(解放時間など)。

(3) お供養のシステム

… 最近、沖縄のペット供養施設では毎月合同で読経供養を行っている施設もあります。現地で参加することも自由にできる施設があったり、リモートで読経供養の様子を確認できる施設もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

このように沖縄でペット供養施設を選んでみると、おのずと後々、自分達が沖縄で進めたいペット供養の形もまとまってくるはずです。

自然と「ここは譲れる/譲れない」の気持ちが芽生え、取捨選択していくくちに、ペットロスの渦中であっても、自然と自分が納得できる供養の形を見つけます。

心が安らぐ、日々のお供養

心が安らぐ、日々のお供養
沖縄でペット供養を粛々と進めながらペットロスから乗り越えた体験談では、無理なく日常的に供養を行っていた人々が多くいました。

ただ思い出して悲しむ日々を繰り返すばかりではなく、思い出した時にペットの幸せを願うお供養は、初めてみると日に日に霧が晴れるように、積み重ねていくうちに心が癒されていくことを実感するようです。

【 沖縄のペット供養。毎日のお供養の形を選択する 】

● ペットロスを「少しでも早く立ち直ろう」と焦る必要はありません。その時々の自分の本心を探り、丁度良い距離感で向き合う選択をしてください。

(1) 納骨堂に遺骨の安置をお願いする

… あまり真摯にペットロスと向き合うと自分の心が折れてしまい兼ねません。敢えて物理的に愛するペットとの距離を持つよう、沖縄のペット供養施設の納骨堂に遺骨の安置をお願いすることで乗り越えた体験談も多くあります。

(2) 自宅に遺骨を安置する

… 一般的には沖縄のペット供養施設で火葬を済ませた後、遺骨をそのまま自宅へ迎え入れる方も多いです。

※ 沖縄ではペット供養の祭壇や、近年増えた「モダン仏壇」に遺骨を祀り、日々お線香を上げながら会話をしながら、少しずつ乗り越えて行く方もいます。

最初は沖縄でペット供養のための納骨堂がある施設を選び、心が落ち着いて向き合うことができたら遺骨を引き取り、仏壇を用意して祀る方法もひとつの選択です。

沖縄でペット供養施設に遺骨をお願いした方の体験談では、「自宅へ迎え入れるまでに1年以上の月日が必要だった。」との声もありました。

大切なことは無理をせず自分の心に耳を傾け、新しいステップへ進むタイミングを決めることではないでしょうか。

思い出すと心が温かくなる選択

沖縄で広がるペット供養、3つの方法
さらに最近ではより心の整理がついて落ち着いた頃に多い沖縄のペット供養として、遺骨を分骨・粉骨をして、その後の長い時を温かい気持ちで共に過ごす選択が増えています。

【 沖縄のペット供養。粉骨や分骨による供養の形 】

● 大きな骨壺をそのままお仏壇に祀った後、心の整理が充分についた頃に、ペットの遺骨を粉骨や分骨を選ぶ家族は多い傾向です。粉骨や分骨によって、沖縄では下記のようなペット供養が選択できます。

・一部を合祀墓などに埋葬する。
・一部のみを残し、手元供養を行う。
分骨をして兄弟で分け合い、それぞれの家で供養をする。
一部を手元供養として祀り、一部は庭に埋めてお墓にする。
・粉骨をしてキーホルダーの容器に入れ、持ち歩く。

…などなどです。

今、沖縄ではペット供養のためのお仏壇も多く販売されています。

ペットのイメージを演出するために可愛らしいお仏壇が多いですが、最近は人用のお仏壇もコンパクトになっていますので、コンパクトなモダン仏壇や棚上仏壇を購入し、祀る家庭も多い傾向です。

トートーメー文化が今に深く残る沖縄のペット供養では、ペットの骨壺は脇に置き、新しく位牌を仕立ててお仏壇の中央に祀る家庭も多く見受けます。

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄でペット供養を行いながら、少しずつペットロスを乗り越えて行くために役立つ、立ち直った経験談から見える3つのステップをお伝えしました。

ただ、このワンステップ・ワンステップは薄皮を重ねるような小さな日々の積み重ねです。沖縄のペット供養施設のサービスを受け、毎月欠かさずオンライン合同供養に参加していたり、毎日遺骨に向かって手を合わせて行く…、そんなささいな事柄です。

多くのペットが病気などで辛い最期を迎えます。

毎日手を合わせて「あの世で幸せでありますように、傷み苦しみが今はなく、自由に飛び回っていますように。」そんな想いを託して供養を進めるうちに、悲しい思い出よりも楽しい思い出を、ひとつでも多く思い出していく…。

そしてふと、自然と次のステップへと向かおうとする自分に気付く…、そんな感覚です。

どうぞ心に鞭をたたかず、「いつか自然と前へ進もうとするだろう」自分を信じて、見守ってくれているペットの魂を信じて、ゆっくりゆっくりと待ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

ペットロスの哀しみから立ち直った3つのステップ

●心が納得できる沖縄の供養施設を選ぶ
・納骨堂(棚)など、火葬後の施設はあるか
・施設の場所
・お供養のシステム

●毎日どのようにお供養をするかを選ぶ
・納骨堂(棚)に安置してもらう
・骨壺を自宅に迎える

●長く続くお供養の形を考える

☆粉骨/分骨をして…
・一部を合祀墓などに埋葬
・一部は手元供
・分骨をして兄弟で分け合う
・一部は庭に埋める
・キーホルダーにする


前の記事
次の記事

関連記事

ペット火葬後、遺骨はどうする?ペット供養5つの選択肢、メリット・デメリットを解説!
ペット火葬後、遺骨はどうする?ペット供養5つの選択肢、メリット・デメリットを解説!
弔い上げとは?いつ・どこで行うの?早めたり、しないとどうなる?施主の準備や流れとは
弔い上げとは?いつ・どこで行うの?早めたり、しないとどうなる?施主の準備や流れとは
沖縄の葬儀儀礼、ヌジファーの進め方
【沖縄の葬儀】自宅で行う通夜。ヌジファーの儀礼と迎え方
沖縄で葬儀会場に自宅を選ぶ家が多い?それぞれの会場、メリットデメリット
沖縄で葬儀会場に自宅を選ぶ家が多い?それぞれの会場、メリットデメリット

カテゴリー

topへ戻る