2023年、沖縄の大綱引きはいつ・どこで?那覇大綱引き・糸満大綱引き・与那原大綱曳

2023.06.13
2023年、沖縄の大綱引きはいつ・どこで?那覇大綱引き・糸満大綱引き・与那原大綱曳

2023年は那覇大綱引き、糸満大綱引きの開催が期待されます。沖縄の大綱引きは毎年旧暦8月15日、2023年は9月29日(金)!那覇大綱引きはスポーツの日を含めた3連休が定番です。本記事は那覇大綱引きや糸満大綱引き、沖縄の綱引きを解説します!

・2023年の那覇大綱引きはいつ・どこで?
・2023年の糸満大綱引きはいつ・どこで?
・2023年、沖縄の大綱引きは他にもあるの?

沖縄の旧暦8月15日、2023年9月29日(金)は十五夜(ジュウグヤー)です。
十五夜(ジュウグヤー)に沖縄で開催される、那覇大綱引きや糸満大綱引きは、全国や世界的にも有名になりました。

本記事では、沖縄の旧暦行事「十五夜(ジュウグヤー)」の奉納儀礼として開催される、沖縄の那覇大綱引き糸満大綱引き、与那原大綱曳など、沖縄各地の大綱引き情報をご紹介します。
 

2023年の那覇大綱引きはいつ?

2023年の那覇大綱引きはいつ?
◇2023年度の那覇大綱引きは、10月7日(土)~9日(月)です

2023年の那覇大綱引きは、毎年全国・世界から多くの観光客が集まります。
以前は「那覇まつり」として親しまれてきましたが、2011年度からは「那覇大綱挽まつり」と名称を変え、全国的にも報道されるようになりました。

那覇大綱引きはは毎年スポーツの日を含めた3連休に行います。
そのため下記日程で行うことになるでしょう。
 

<2023年那覇大綱引き日程>
●2023年那覇大綱引きは、10月7日(土)~9日(月)
[日程] [旧暦] [スケジュール]
・2023年10月7日(土) 旧暦8月23日 パレード
・2023年10月8日(日) 旧暦8月24日 大綱引き
・2023年10月9日(月) 旧暦8月25日

※コロナウィルスの影響により中止の可能性もあり
 
2020年の新型コロナ到来から、2020年・2021年は開催中止となりましたが、2022年には再開されていますが、パレードは行われていません。

2023年は沖縄では那覇ハーリーも無事に開催され、沖縄各地のローカルハーレー大会も復活していますので、2023年度の那覇大綱引きも開催が期待されます。
 

那覇大綱引きは何時から?

那覇大綱引きは何時から?
◇2023年も那覇大綱引きは16時頃~の開始が予想されます

まだ公式発表は行われていませんが、2022年度のスケジュールで予想すると、2023年10月8日(日)16時頃~、那覇大綱引きが開始されるでしょう。

同日には国際通りで旗頭行列「ウフンナスネーイ」も繰り広げられます。
旗頭」とは、大きな旗を持ち上下に動かしながら練り歩く行事です。
 

<2023年那覇大綱引きのスケジュールは?>
●ウフンナスネーイ(旗頭行列)
[日時]2023年10月9日(日)11時30分~14時頃
[場所]国際通り

[那覇大綱引き]
[日時]2023年10月9日(日)16時頃~
[場所]久茂地交差点(国道58号線)

 
この他、国道58号線の隣りにある国際通りでは、ダンスイベントなどが毎年開催されてきました。

また少し離れますが、県庁前駅から2駅「奥武山公園」では、出店やイベントステージで盛り上がる「那覇フェスティバル」が3日間を通して開催されるでしょう。
(那覇フェスティバルについて、詳しくは後述します。)
 

 

2023年那覇大綱引きはどこで開催される?

2023年、沖縄の新暦9月(旧暦7・8月)の年中行事
◇2023年度の那覇大綱引きは、久茂地交差点付近で開催されます

那覇大綱引きは観光客がアクセスしやすい場所、沖縄モノレール県庁前駅からすぐ、久茂地交差点付近を中心に盛大に行われるでしょう。
 

<2023年那覇大綱引き開催場所>
●2023年那覇大綱引きは、久茂地交差点付近です。
[住所]〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目4
那覇大綱引き

[アクセス]
・ゆいレール…県庁前駅

 
車社会の沖縄ですが、2023年も那覇大綱引きが行われる久茂地交差点付近は、毎年のように、数あるコインパーキングもすぐに満車になることが予想されます。

パーキングの予約サイトなどもありますが、2023年那覇大綱引き会場はモノレールからすぐ、パスターミナルからも歩いて行ける場所にあるため、公共交通機関の利用がおすすめです。
 

[参考]
・ゆいレール:路線図

 

那覇フェスティバルはどこで開催される?

◇2023年那覇大綱引きの3日間、奥武山公園では那覇フェスティバルが開催されます

2023年那覇大綱引きの3日間は、大綱引き会場から少し離れた奥武山公園内にて、出店やイベントステージが開催されて盛り上がるでしょう。
 

<2023年那覇フェスティバル開催場所>
●那覇フェスティバルは奥武山公園で開催されます。
[住所]〒900-0026 沖縄県那覇市奥武山52
奥武山公園
[アクセス]
・ゆいレール…奥武山公園駅

 
那覇フェスティバルが開催される奥武山公園は、沖縄で「琉球八社」と呼ばれる沖宮があります。

天照大御神(アマテラスオオミカミ)様や天龍大御神(テンリュウオオミカミ)様が祀られていることでも知られているため、那覇フェスティバルとともに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 

 

2023年那覇大綱引き:コロナの影響は?

2023年新暦9月、沖縄の旧暦8月はジューグヤです
◇那覇ハーリー大会も開催され、2023年は那覇大綱引きも開催が期待されています

沖縄では2020年のコロナ襲来以降、2020年・2021年と2年間連続で中止になりましたが、2022年はパレードはなかったものの、那覇大綱引きが開催されました。

2023年は4月から新型コロナもインフルエンザと同じ扱いの第5類になり、那覇大綱引きも通常通りの開催が期待されています。

※コロナ感染拡大の状況を見ての判断となるでしょう。
 

[参考]
那覇市2022年度那覇大綱挽まつり開催について(縮小開催及び事前参加登録制)

 

2023年糸満大綱引きはいつ?

2023年9月29日:沖縄の旧暦行事「ジューグヤ」
◇2023年糸満大綱引きは、9月29日(金)の開催です

沖縄の大綱引きは、もともと旧暦8月15日のジューグヤ(十五夜)で、集落の神様へ向けて行う奉納行事でした。

2023年現在は那覇大綱引きが観光行事として有名ですが、旧暦8月15日には、沖縄各地で大綱引きや相撲などの奉納行事が催されます。
このようなローカル大綱引きとして最も有名なイベントが、糸満大綱引きです。
 

<2023年糸満大綱引き日程>
[日程] [旧暦] [スケジュール]
●ジューグヤ(十五夜)行事として開催
・2023年9月29日(金) 旧暦8月15日 糸満大綱引き
・2023年10月1日(日) 旧暦8月17日 真栄里大綱引き
・2023年9月29日(金) 旧暦8月15日 山城大綱引き
●ルクグァッチカシチー(六月強飯)として開催
・2023年8月31日(木) 旧暦7月16日 照屋大綱引き
・2023年8月11日(金) 旧暦6月25日 米須大綱引き
・2023年8月11日(金) 旧暦6月25日 大里カシチー
・2023年8月11日(金) 旧暦6月25日 座波大綱引き

※コロナウィルスの影響により中止の可能性もあり
 
特に2023年現在、糸満大綱引きと真栄里大綱引きは、全国や海外からもローカル大綱引きとして観光客が訪れる旧暦行事になりました。

ルクグァッチカシチー(六月強飯)」とは、沖縄に琉球王朝時代から伝わる農耕儀礼で、お米の収穫に感謝する奉納行事として、大綱引きが盛大に行われます。
 

 

2023年糸満大綱引きは、どこで開催する?

◇2023年糸満大綱引きは、糸満ロータリーから白銀堂での開催です

2023年の糸満大綱引きは、例年通り糸満ロータリーから白銀堂に掛けて行われます。そのため当日は交通規制もあるでしょう。
白銀堂への奉納行事である練り歩きは、糸満小学校から続きます。
 

<2023年糸満大綱引き開催場所>
●2023年糸満大綱引きは、糸満ロータリーから白銀堂です。
[住所]白銀堂:〒901-0361沖縄県糸満市糸満23
糸満大綱引き
●2023年真栄里大綱引きは、真栄里メーミチ広場です。
[住所]〒901-0362 沖縄県糸満市真栄里
真栄里大綱引き

 
新型コロナの影響により2020年~2022年まで開催中止を余儀なくされましたが、2023年の糸満大綱引きは、同じく中止が続いた糸満ハーレー大会が無事に開催されたため、復活が予想されます。

毎年旧暦8月15日のジューグヤ(十五夜)から、最初の日曜日に開催される真栄里大綱引きは、白銀堂からも近いので、数日間滞在して両方楽しむのも良いかもしれません。
 

[参考]
・糸満市:白銀堂

 

2023年もディープな糸満大綱引き

◇2023年に開催が期待される糸満大綱引きは、集落行事です

毎年1カ月ほど前から、地域の人々が集会所に集まり、大綱引きの縄をない準備を進めます。

当日は地元の中学生が朝から大綱のセッティングなどを手伝い、地元の小中学校は午前授業!

糸満小学校から糸満ロータリーを経て、地元の産土神でもある白銀堂まで、エイサーや組踊りなどで練り歩きます。
 

<2023年糸満大綱引き>
●大綱の上には畳!
…リーダーが大綱の上に乗った畳の上に立ち、互いのチームの音頭を取ります。

●練り歩き
・エイサー
・組踊り
・旗頭
・八月遊び(踊り)
…など

 
また糸満だけでも、いくつかの集落で綱引き行事を行い、お隣り真栄里集落の大綱引きも人気です。
(日程が重なると、1日で2箇所の大綱引きに参加する人もいます!)
 

●糸満大綱引きだけではなく、多くの集落で奉納行事が行われるでしょう。

 
ある地域では角力(相撲)大会があったり、ある地域では奉納演舞が数日に渡り催されたりと、集落独自のルールがあり、地域によってさまざまです。
 

[参考]
・糸満市:糸満の綱引き行事

 

2023年は那覇大綱引きだけじゃない?

2023年は那覇大綱引きだけじゃない?
[画像]与那原町観光ポータルサイトより
◇与那原町の「与那原大綱曳」も有名です!

このように2023年は那覇大綱引きや糸満大綱引きなど、各地で開催が期待されています。

ただこの他にも440年の歴史を誇り、規模が大きいことで知られる大綱引き行事が、沖縄県本島南部、与那原町の「与那原大綱曳」があります。
 

<与那原大綱曳とは>
●旧暦6月26日の旧暦行事「アミシの御願」での奉納行事です。
・規模が大きい!豪華絢爛!
・大綱の準備に、集落外の人々も参加できる
・地元中学生による「金鼓隊」によるボラ(法螺貝)と太鼓!
・地元東西の女性によるメーモーイ(前舞)
・旗頭

 
などなど、糸満大綱引きに負けず劣らず、盛大に開催されるでしょう。
また、与那原大綱曳は旧暦6月26日の「アミシの御願」による旧暦行事です。

「アミシの御願」とは、農耕儀礼のひとつで、雨乞い祈願や、水を浴びて若返る「年浴み」行事でした。
下記コラムでも詳しく解説していますので、参考にしてください。
 

 

与那原大綱曳はいつ、どこで開催される?

◇与那原町の「与那原大綱曳」は旧暦6月26日から、最初の日曜日開催です

2023年度の旧暦6月26日は、2023年8月12日(土)ですから、例年のスケジュールで行くと2023年8月13日(日)が予想されます。
 

<与那原大綱曳はいつ、どこで?>
[日程]2023年8月13日(日)(旧暦6月27日)
[住所]御殿山青少年広場:島尻郡与那原町与那原712
yonabaru (1)
[参考]与那原大綱曳資料館(つなかん)

 
2022年度は一度延期になり、2022年10月30日(日)の開催となりました。
2023年度も第五類にはなりましたが、新型コロナの影響も見守りながら、開催を待ちましょう!
 

[参考]
・与那原観光ポータルサイト「与那原大綱曳について

 

2023年は那覇大綱引き、糸満大綱引きの開催が期待!


2020年の新型コロナ感染拡大により、長く開催中止を余儀なくされた沖縄の大綱引き行事でしたが、2022年には那覇大綱引きが復活!

2023年は那覇大綱引きなど、沖縄各地のローカル大綱引き大会も復活が期待されています。
 

国際大綱引き(コザ、ゲート通り)
大山区大綱引き(中部、宜野湾市)
当間大綱引き(中城村)

 
沖縄の大綱引きは南部が有名ですが、2023年の沖縄大綱引きは本島各地で復活が期待されるでしょう。

特に中城村の当間大綱引きな7年毎の「7年マール」、酉年と卯年のみ開催されるため、2023年の開催になれば必見です!
 


前の記事
次の記事

関連記事

全国的なお墓参り行事とは違い、沖縄のお彼岸では必ずしもお墓参りをする訳ではありません。 本記事では沖縄のお彼岸とはなにか?考え方や、沖縄ならではのお供え物や拝み方を解説します。 後半は現代に変化する、新しい沖縄のお彼岸もご紹介しています。
【2023年お彼岸とは】沖縄で秋彼岸の拝み方は?お供え物やお墓参りに良い暦も解説!
沖縄で供える重箱料理☆スーコーとお祝い行事で違う供え方
【沖縄の旧盆2023年】お供え物の重箱の詰め方は?慶事と弔事5つの違い
【沖縄の葬儀】費用は一般葬と家族葬ではどれくらい違う?5つの項目で検証
【沖縄の葬儀】費用は一般葬と家族葬ではどれくらい違う?5つの項目で検証
沖縄の七草粥、ナンカヌシク(七日節句)の過ごし方|2024年はいつ?沖縄の七草は?
沖縄の七草粥、ナンカヌシク(七日節句)の過ごし方|2024年はいつ?沖縄の七草は?

カテゴリー

topへ戻る