ペット火葬とは?火葬の種類や費用目安。ペットが亡くなると、いつまでに火葬をするの?

2023.03.23
ペット火葬とは?火葬の種類や費用目安。ペットが亡くなると、いつまでに火葬をするの?

ペット火葬とは、ペットが亡くなった時に人と同じように火葬することです。ペット火葬専用施設で火葬を依頼しますが、飼い主の希望や予算によって、いくつかの選択肢があるでしょう。今回はペット火葬とは?依頼先や流れ、種類によって違う費用目安を解説します。

ペット火葬とは、ペットが亡くなった時に人と同じように火葬して、遺骨の形で供養をすることです。

人のご遺体を扱う火葬場では受け付けないため、ペット火葬専用施設で火葬を依頼します。飼い主の希望や予算によって、いくつかの選択肢があるでしょう。

・ペット火葬とは?
・ペット火葬はどこで、どのように行うの?
・ペット火葬の種類や費用目安は?

今回はペット火葬とはどのようなものか、依頼先やペット火葬の流れ、ペット火葬の種類によって違う費用目安を解説します。

ペット火葬とは?

ペット供養3つの選択
●「ペット火葬」とは、ペットが亡くなった時に、人と同じように火葬場で火葬することです

従来の日本では、ペットが亡くなるとご遺体状態のまま、自治体に連絡して引き取ってもらったり、自分達で庭などに埋葬してお墓を作ったものでした。

<ペット火葬とは?>
ペット専用の火葬場で火葬する
◇サービス内容によって付随するもの
・火葬時の読経供養
骨上げ

このように近年では、ペット供養専門業者が登場したため、家族のように思う飼い主から、人と同じように火葬し供養するペット火葬が広まっています。

ペット葬儀・ペット供養との違いは?

●ペット火葬に付随するサービスの有無が違います

ペット火葬」がペットのご遺体を火葬するのに対して、「ペット葬儀」は火葬に伴い、読経供養や焼香などの宗教的儀式を行うことを差します。
また、「ペット供養」は火葬後の納骨や法要も含めた、全般的な供養です。

<ペット火葬とは:違い>
①ペット火葬…ペットのご遺体を火葬すること
②ペット葬儀…読経供養や焼香など、宗教的儀式を行うこと
③ペット供養…遺骨の納骨や法要まで含めた、供養全般

ただしペット火葬は人のように法的に定められたものではなく、まだ全国的に定着した概念ではないため、その区別はペット供養専門業者によってもさまざまです。

※ペット火葬の後、遺骨の葬送などペット供養は下記をご参照ください。
ペット供養とは?期限はある?火葬後ペットの遺骨はどうしたらいい?5つの方法を解説!

 

ペット火葬はどこで行うの?

ペットの法要供養について
●ペット火葬は、主にペット専門の火葬場や火葬車で行います

今、沖縄ではペット供養専門業者が運営する火葬場がいくつかあり、主にはこのようなペット火葬場で火葬を行うことが多いでしょう。

<ペット火葬とは:どこで行うの?>
ペット専門の火葬場
・ペット専門の火葬車

またペット火葬では「火葬車」が自宅近くまで訪問し、庭や近郊の広場で火葬するものもあります。(訪問火葬)

ペット火葬はどのように行うの?

●ペット火葬の流れは、選ぶサービスによって違います

現代、ペット火葬は飼い主の希望によって、さまざまな選択肢があり、ペットのご遺体を預けて一任する方法や、人と同じように火葬に立ち会い、骨上げ・収骨まで行うサービスもあります。

<ペット火葬とは:火葬の流れ>
①ペット火葬を一任する場合の一例
・自宅へ業者が訪問
・ペットのご遺体を預ける
・業者により火葬
・供養
・合祀墓や海洋散骨、もしくは返骨
②ペット火葬に立ち会う一例
・自宅へ業者が訪問
・ペットのご遺体を出棺
・火葬場で火葬(立ち会い)
・骨上げ、収骨
・返骨

…などなどの流れです。ここに読経供養や焼香などが加わると、一般的に「ペット葬儀」や「セレモニープラン」などと言われるでしょう。

ペット火葬はいつまでに行うの?

●ペット火葬は3日後~遅くても7日後までに行うと理想的です

ペットが亡くなるとお布団を敷いた段ボールなどの棺に納め、お腹と背中を中心にドライアイスを挟んで、ご遺体が傷まないように保冷環境を保ちます。

<ペット供養とは:いつまで?>
●保冷環境を充分に整えた上で…、
・理想的な期間…約1日~3日以内
・遅くとも…約7日以内
※季節や環境により異なる

現代のペット火葬業者は、電話対応を24時間受け付けていたり、電話を受け次第、すぐに自宅まで訪問する業者も見受けます。
すぐにペット火葬業者に連絡をして、スケジュールを整えると良いでしょう。

ペットが死んでから行う事柄については、下記をご参照ください。
愛するペットが死んだら、まず何をする?火葬や葬儀の手配まで

 

ペット火葬の種類とは?

予算に合わせたペットの手元供養
●ペット火葬には、主に①合同火葬、②一任火葬、③個別火葬、があります

ただペット火葬のサービスは施設によってさまざまです。
例えば一任火葬であれば、ペットのご遺体を預けた後、火葬後に返骨するサービスもあれば、そのまま合祀墓に埋葬するものもあるでしょう。

<ペット火葬を選ぶポイント>
火葬での供養(読経供養)はあるか?
返骨されるか?
・火葬後の遺骨はどうなるか?
・火葬後、供養や法要はできるか?
・火葬後、参拝ができるか?
記念品などの有無

…などなどがペット火葬の費用目安以外で選択する要素です。

そのため以下より、ペット火葬それぞれの種類での費用目安を比較検討しますが、そこに供養が付いているか・いないか、など、他の要素も考慮しながら、最終的に判断します。

[1]合同火葬

●ペット火葬「合同火葬」では、他のペットと一緒に火葬します

他のペットと一緒に火葬するため、ペット火葬の費用は抑えられる一方、火葬後には返骨されず、そのまま合同供養されるでしょう。

沖縄にはいくつか、ペット火葬ができる火葬場があります。
今回は10kg(柴犬やパグなどの犬種)の中型犬を事例として、合同火葬の費用を比較検討してみましょう。

<ペット火葬とは:合同火葬>
ペット火葬業者 場所 料金
ワンニャンメモリアル 那覇市壺川 22,000円(5kg~10g)
沖縄ペットエンゼル 中頭郡西原町 16,500円(5kg~20kg)
ピクシーワン 豊見城店/知花店 16,500円(5kg~15kg)
永遠の家まごころ 南風原店/美里店 27,500円(9kg~12kg)
円通寺 浦添市仲間 20,000円(~20kg)

施設内の供養塔などに合同埋葬され、定期的に合同供養を行うのが一般的です。
施設によっては飼い主が参加できる合同供養が開催されます。

[2]一任火葬

●ペット火葬「一任火葬」とは、業者にご遺体を一任する方法です

ペットが亡くなり一任火葬を依頼すると、ペットのご遺体を預けます。自宅まで訪問してくれる業者もありますし、自分達で届ける場合もあるでしょう。

・個別一任火葬…個別に火葬され返骨されます
・合同一任火葬…返骨されません

そのため合同一任火葬ではペットのご遺体を業者へ預けた時点でお別れです。
火葬後の遺骨の扱いは業者によってさまざまですが、合同で海へ散骨したり、施設内のペット合祀墓(合同慰霊碑)に埋葬するなどします。

今回も10kg(柴犬やパグなどの犬種)の中型犬の一例です。

<ペット火葬とは:一任火葬>
ペット火葬業者 訪問・返骨 料金
富士葬祭 訪問あり・返骨なし 12,000円
OHANA 訪問あり・返骨あり 28,600円(5kg~20kg)
永遠の家まごころ 返骨あり 33,000円円(9kg~12kg)
動物の園グループ 訪問あり・返骨あり 21,000円(5kg~10kg)
円通寺 返骨あり 30,000円(~20kg)

富士葬祭の一任火葬(お引き取りプラン)は返骨はなく、火葬後は合同供養の後に海洋散骨が行われます。

また円通寺では火葬後、四十九日法要を個別に行うサービスを付加することも可能です。(10kgパグの事例で火葬込み40,000円など)

[3]個別火葬

●ペット火葬「個別火葬」では、ペットのご遺体を個別で火葬します

一任火葬でも「一任個別火葬」と「一任合同火葬」がありますが、個別火葬と合同火葬による大きな違いは、遺骨が返骨されるか否か、です。

また個別火葬には「ペット葬儀」の要素を加えたものも多く、人と同じように火葬後の骨上げなどを行うサービスも多く見受けます。

<ペット火葬とは:個別火葬>
ペット火葬業者 場所 料金
ワンニャンメモリアル 那覇市壺川 33,000円(5kg~10g)
沖縄ペットエンゼル 中頭郡西原町 33,000円(5kg~20kg)
ピクシーワン 豊見城店/知花店 27,500円(5kg~15kg)
永遠の家まごころ 南風原店/美里店 33,000円(9kg~12kg)
動物の園グループ 浦添市仲間 24,000円円(5kg~10kg)

個別火葬では返骨の他、火葬時に家族が立ち会い、別れのセレモニーができる「立ち会い火葬ができるかどうか」を確認すると安心です。

そこに付随するペット供養(骨上げ・読経供養・焼香など)や、火葬後の骨壺や位牌、四十九日法要などその後の対応の可否まで確認すると、より満足できます。

[4]訪問火葬

●ペット火葬で「訪問火葬」とは、専用の火葬車が自宅まで来て火葬をすることです

ペット火葬専用の「火葬車」が自宅まで来て火葬をするため、「近所迷惑にならないか?」などの声も多いですが、ペット火葬車は外から分かりにくい場合が多いです。

<ペット火葬とは:訪問火葬>
①ペット訪問火葬 OHANA
◇中型犬パグ10kgの事例(5kg~10kg)
・立ち会い収骨プラン…31,200円

火葬車によるペット火葬を専門とするOHANA(オハナ)では、相談をすると自宅近くに火葬車が訪問し、お線香を上げながらその場で火葬を行う流れです。

全国的にもこの火葬車プランは増えていて、近隣住民にも気づかれにくく、また個別で火葬をするため火葬車によっては犬や猫ばかりではなく、ハムスターや鳥など、小さなペットにも対応しています。

沖縄ペット火葬業者の選び方

沖縄でペット供養をする3つの方法。メリットとデメリットまで
●ペット火葬を依頼するなら、費用目安だけではなく、飼い主の希望に合ったペット供養ができる業者を選ぶことが大切です

このようにペット火葬にはさまざまな種類があります。
ペット火葬はペット専用の火葬場を利用するため、多くはペット供養専門業者が運営する施設や火葬車により火葬が行われるでしょう。

<ペット火葬とは:業者選び>
①火葬場以外の施設
・葬儀や法要ができる部屋
・納骨堂(納骨棚)
・合同慰霊碑(合祀墓)
②ペットの供養や法要
・個別法要の可否
・個別参拝の可否
・合同供養の有無

ペット火葬業者を選ぶ際、火葬後に施設内にある合同慰霊碑(合祀墓)納骨堂(納骨棚)を利用する飼い主も多いです。

この場合には納骨後、飼い主の希望にあった参拝や供養ができるかどうかも確認し、年間使用料との兼ね合いで検討します。

ただし現代ではペット火葬後、遺骨をパウダー状に粉骨するなどして、手元供養を選ぶ飼い主も多く、この場合はペット火葬や葬儀に焦点を当てて比較検討すると良いでしょう。

ワンニャンメモリアル

●ペット火葬は個別火葬と合同火葬の他、野良ちゃん火葬も行い、納骨堂(納骨棚)や合同慰霊碑が併設されています

<ペット火葬とは:ワンニャンメモリアル>
[料金]※別途、骨壺料金
体重 個別火葬 合同火葬
・1~5kg未満 27,500円 16,500円
・5~10kg未満 33,000円 22,000円

[住所]〒900-0025沖縄県那覇市壺川2-9-9
[電話番号]0120-93-2075
[HP]https://www.12-pet.com/

モノレール壺川駅近くにあるワンニャンメモリアルは、あらゆるペット供養に対応する施設が揃っている点が特徴的です。

沖縄ペットエンゼル

●沖縄ペットエンゼルでのペット火葬は①合同火葬と②個別火葬、粉骨サービスも受け付けています

沖縄ペットエンゼルはシンプルに合同火葬個別火葬の2種類、中頭郡西原町小那覇に施設がありますが、施設までペットのご遺体を運べない場合は、別途2,200円でお迎えにも来てくれます。

<ペット火葬とは:沖縄ペットエンゼル>
[料金]
体重 個別火葬 合同火葬
・1~5kg未満 27,500円 11,000円
・5~20kg未満 33,000円 16,500円

◇粉骨
他施設で火葬 5,500円
同施設で火葬 3,300円

[住所]〒903-0103沖縄県中頭郡西原町小那覇1270
[電話番号]0120-104-592
[HP]https://pet-angel.jp/

沖縄ペットエンゼルも、ワンニャンメモリアルと同様、施設内の合同慰霊碑や納骨堂(納骨棚)が利用できる他、ペット葬儀専用の部屋には祭壇も設けられています。

株式会社富士葬祭

●富士葬祭のペット火葬は、遺骨の火葬までのサービスです。火葬後の遺骨は、返骨、もしくは海洋散骨されます

ペット火葬後に手元供養など、自分達で遺骨の供養方法が決まっている場合には、ペット火葬やペット葬儀専門の富士葬祭を利用しても良いでしょう。

<ペット火葬とは:富士葬祭>
[料金]
体重 返骨なし 返骨あり 返骨・骨上げあり
・3~5kg未満 18,000円 30,000円 45,000円
・5~10kg未満 23,000円 35,000円 50,000円

[住所]〒901-0156沖縄県那覇市田原3-8-3
[電話番号]0120-858-063
[HP]https://www.pet-fuji-sosai.com/plan

富士葬祭はペット火葬や葬儀のみを専門とするため、火葬後に四十九日や一周忌の法要などがしたい場合には、飼い主で依頼先を探さなくてはなりません。

沖縄ペット葬儀ピクシーワン

●豊見城店と知花店があるピクシーワンでは、個別火葬・合同火葬があり、火葬後も納骨堂や合同納骨などの相談ができます

人とおなじように」ペット供養を行うことをモットーとするピクシーワンでは、24時間の電話対応により飼い主の希望に見合ったペット火葬や葬儀を提案する点が特徴です。

<ペット火葬とは:ピクシーワン> 
[料金]※個別火葬は立ち会い火葬・納骨堂あり
体重 個別火葬 合同火葬
・1~5kg未満 22,000円 11,000円
・5~15kg未満 27,500円 16,500円

◇粉骨…5,500円(無料容器あり)

◇豊見城店:
[住所]〒901-0235沖縄県豊見城市名嘉地401-3
[電話番号]098-851-2040

◇知花店
[住所]〒904-2143沖縄県沖縄市知花4丁目4-13
[電話番号]098-929-1770

[HP]https://lp.pixieone.com/

ピクシーワンでもペット火葬後の手元供養を推奨し、粉骨(遺骨のパウダー加工)サービスを受けるとともに、別途5,500円にて琉球ガラスの骨壺での供養もできます。

ペットの訪問火葬「OHANA」

●ペットの訪問火葬「OHANA(オハナ)」は、火葬車によるペット火葬です

自宅や指定の場所まで火葬車が移動するため、高齢の飼い主やお子様など、車での移動やペットのご遺体搬送が難しい時に役立ちます。

<ペット火葬とは:OHANA(オハナ)> 
[料金]
体重 合同火葬 一任(返骨あり) 立ち会い火葬 散骨
・2~5kg未満 17,000円 26,000円 28,600円 28,600円
・5~10kg未満 19,000円 28,600円 31,200円 31,200円

◇中部~北部への出張は追加料金が掛かります

 
エリア 追加料金
恩納村・金武町 1,100円
宜野座村  2,200円
名護市 2,200円
本部町・今帰仁村 3,300円
大宜味村・東村 4,400円
国頭村 5,500円

[住所]〒902-0063沖縄県那覇市三原2丁目34-8
クリエール三原1-B(株式会社REI)
[電話番号]080-300-6196
[mail]info@ohanaokinawa.com
[HP]https://ohanaokinawa.com/

また火葬車によるペット火葬が特徴的ですが、ペットのご遺体を預かり火葬する「一任火葬」も受け付けており、返骨と海洋散骨まで一任するサービスを選ぶことも可能です。

永遠の家まごころ

●永遠の家まごころは、中部に美里店、南部に南風原店があり、広い沖縄の地域に対応するペット火葬業者です

立ち会い個別火葬では、完全個室の火葬室で火葬が行われ、拾骨も行うことができます。火葬時には家族専用の控室も用意されています。

<ペット火葬とは:永遠の家まごころ> 
[料金]
体重 立ち会い個別火葬 合同火葬 一任火葬
・1~8kg未満 27,500円 22,000円 27,500円
・9~12kg未満 33,000円 27,500円 33,000円

◇粉骨
・2~4寸 5,500円(税込み)
・5~6寸 8,800円(税込み)

◇棺
・小サイズ 3,850円
・中サイズ 4,950円
・大サイズ 6,500円

◇沖縄市美里本店:
[住所]〒904-2153沖縄県沖縄市美里5丁目29番5号
[電話番号]0120-13-0556

◇南風原店:
[住所]南風原町津嘉山1691-1
[電話番号]0120-23-0556

[HP]https://magokoro-okinawa.com/

永遠の家まごころでも、電話受付は24時間対応しています。
施設の営業時間は午前9:00~午後17:00、休館日は第4日曜日です。

高野山真言宗、円通寺

●高野山真言宗の円通寺で行うペット火葬の特徴は、飼い主が希望すれば、火葬後の手厚い供養が期待できる点です

高野山真言宗の寺院でペット火葬を行いますので、それぞれ追加料金約1万円ほどで四十九日法要ができるなど、手厚い供養が期待できます。

<ペット火葬とは:円通寺> 
[料金]
体重 合同火葬 一任火葬
・1.5kg~5kg未満 10,000円 20,000円
(四十九日法要付き) 20,000円 30,000円
 
・5~10kg未満 15,000円 25,000円
(四十九日法要付き) 25,000円 35,000円

[住所]〒901-2103沖縄県浦添市仲間2丁目9-2
[電話番号]098-877-1711(電話対応:8:00~22:00)
[HP]https://entsuji-lp.com/

ご住職による供養ができる円通寺では、四十九日法要はもちろんのこと、家族が望むかぎり、一周忌などその後の法要も人と同じように個別法要をお願いできます。(読経供養は予約が必要)

最後に

以上がペット火葬とは?ペット葬儀・ペット供養との違いやペット火葬の種類と費用目安、沖縄のペット火葬業者についてお伝えしました。

ペット火葬後は火葬場に併設された納骨堂(納骨棚)に預けたり、合同火葬などではペット専用の合祀墓(合同慰霊碑)海洋散骨などの案内があるでしょう。

※ペット火葬後の遺骨の葬送については、下記に詳しいです。
ペット供養とは?期限はある?火葬後ペットの遺骨はどうしたらいい?5つの方法を解説!

また最近では、ペット火葬後に手元供養を選ぶ飼い主も増え、ペット火葬場では手元供養のための粉骨(パウダー加工)を受け付ける業者も増えました。

ペットの手元供養については、下記をご参照ください。
「ペットの手元供養」とは?費用目安とメリット・デメリット、手元供養にする5つの手順

 

まとめ

ペット火葬とは?

●ペット火葬とは?
・ペット火葬…ご遺体を火葬すること
・ペット葬儀…宗教的儀式を行うこと
・ペット供養…納骨や法要など、供養全般

●ペット火葬の種類
・合同火葬
・一任火葬
・個別火葬
(個別立ち合い火葬)
・訪問火葬

●沖縄のペット火葬施設
・ワンニャンメモリアル
・沖縄ペットエンゼル
・株式会社富士葬祭
・沖縄ペット葬儀ピクシーワン
・ペットの訪問火葬「OHANA」
・永遠の家まごころ
・高野山真言宗、円通寺


前の記事
次の記事

関連記事

【沖縄の仏壇トラブル体験談】配偶者の家と両家の仏壇を引き継ぐ。仏壇の「宗派」とは?
【沖縄の仏壇トラブル体験談】配偶者の家と両家の仏壇を引き継ぐ。仏壇の「宗派」とは?
沖縄でお線香を供える本数は?沖縄線香ヒラウコー(平御香)|内容で違うコーブンとは?
沖縄でお線香を供える本数は?沖縄線香ヒラウコー(平御香)|内容で違うコーブンとは?
現代の沖縄でモダン仏壇で揃える仏具には何が必要?最初に揃える基本の仏具
現代の沖縄でモダン仏壇で揃える仏具には何が必要?最初に揃える基本の仏具
沖縄の葬儀儀礼、ヌジファーの進め方
【沖縄の葬儀】自宅で行う通夜。ヌジファーの儀礼と迎え方

カテゴリー

topへ戻る